橿原市、大和高田市の鍼灸、あんま、マッサージ、整体なら増井鍼灸治療院へ。近鉄南大阪線坊城駅徒歩1分。腰痛、肩こり、膝痛、坐骨神経痛、五十肩、口コミで高評価。


006.png

HOME > 鍼灸のススメ > 運動器疾患と鍼灸治療

運動器疾患と鍼灸治療

鍼灸の得意分野

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、肩こり、五十肩、膝痛、むちうち、頚椎症、椎間板ヘルニアなどの運動器疾患の鍼灸治療を得意としています。

病院に通っても、なかなかよくならない、そんな人たちが鍼灸治療であっさり治ってしまう。どうしてでしょう?なにも魔法ではありません。 それは治療すべきところを、ちゃんと治療するからです。ならばそれってどこでしょうか? 

その答えは、筋肉です。 病院ではまずレントゲンを撮ります。そしてレントゲンに写るのは? そう骨です。つまりレントゲンは、最初から骨の異常をみるのが目的なのです。筋肉は、はじめから写ってないので、診断の仕様もありません。更に高度な検査では、CTやMRIで断面画像をみます。この検査なら、骨、内臓、筋肉にいたるまで、すべて写りますが、筋肉にはあまり着目しません。ヘルニアの有無や脊柱管の狭窄、関節や骨の変形、あるいはガンなど、器質的な変化がないかを精査するのが目的です。

筋肉の問題は、乳酸などの疲労物質の蓄積や血液循環の不良による代謝障害です。筋肉は代謝障害が続くと柔軟性が失われ硬くなります。いわゆるコリですね。しかしこのコリは、組織が変質するわけではないので、断面画像をみても結局のところ診断できません。それよりもコリならば、手でさわってみる方がずっと確かです。皮肉なことに、現代医学では、検査機器等が発達したあまり、医師が患者のからだに、触れることが局単に少なくなりました。いかがですか?皆さんの通院されている病院で、丁寧な触診をおこないますか?

結局、病院では画像診断に異常がなければ、電気治療(低周波・高周波)、牽引、湿布薬・痛み止め等の、日和見的な治療がくりかえされます。これらは、積極的な原因治療とはいえません。ましてや、湿布薬・痛み止めに含まれる消炎鎮痛剤には、交感神経の緊張や血流を悪くする副作用があります。決して習慣的に用いるべきものではありません。

まずは薬からの離脱が必要

medicine02.jpg湿布や痛み止めを習慣的に使用されている人は、まず薬からの離脱が必要です。くりかえしますが、湿布や痛み止めには消炎鎮痛剤が含まれています。これは急性の痛みには効果を発揮しますが、慢性の痛みには効果がないばかりか、かえって治りを悪くします。湿布くらいと思われますが、飲み薬も湿布薬も薬効成分を胃腸から吸収するか、皮膚から吸収するかの違いで同じことです。確かに、湿布薬や痛み止めを使っている時は楽ですが、それは一時しのぎです。それをくりかえしている間は、決して治癒には向かいません。

私ならば、代わりにホットパックや使い捨てカイロをおすすめします。慢性の代謝障害は、温めてどんどん血流をよくするのが正解です。湿布や消炎鎮痛剤に含まれるインドメタシン、イイブプロフェンには、血管を収縮させる作用があり、これは血流を悪くし代謝を低下させます。

さて画像診断に異常がなければ、いよいよ軟部組織(筋肉、靭帯等)の問題です。これは、鍼灸のもっとも得意とする分野です。鍼は筋肉の緊張を和らげ血液循環をよくします。これにより、コリの局所で蓄積されていた乳酸などの疲労物質が排泄され、新陳代謝が向上します。また、自律神経面では、筋肉を緊張状態にする交感神経のはたらきを抑え、副交感神経のはたらきを活発にします。これにより、からだはリラックスし疲労が解消され、免疫力もアップします。


Copyright 2013 Tamotsu Nakano(Honoshin Koza). All Rights Reserved.