橿原市、大和高田市の鍼灸、あんま、マッサージ、整体なら増井鍼灸治療院へ。近鉄南大阪線坊城駅徒歩1分。腰痛、肩こり、膝痛、坐骨神経痛、五十肩、口コミで高評価。


006.png

HOME > 鍼灸のススメ > 難病と鍼灸治療

難病と鍼灸治療

さまよいつづけるあなたのために

pain.jpg原因不明の難病でお悩みの人が増えています。検査では異常が無いのに、厳然として存在する辛い自覚症状。以前は、なまけものの刻印を押され、周囲の無理解に悩まされた病態も現在では解明がすすみ、うつ病、自律神経失調症、慢性疲労症候群、線維筋痛症といった新しい病態が浮かび上がってきました。

そうはいっても、明らかに辛い自覚症状があるのに、どこの病院で検査しても異常が無いと取り合ってもらえない。積極的な治療法がない。そんな悩みを抱えて来る患者さんが、私の鍼灸院にはたくさんいらっしゃいます。医療現場のサイドでは、こうした新しい病に対しての取りくみ、認知度はいまだ低いようです。結局、現代医学は、検査で異常が見つからない病気については、まだまだ対応が苦手なように感じます。

それでは、そのような病気に対して何を基準にして治療をおこなえばいいのでしょうか?

その答えは、自律神経です。自律神経とは、ホメオスタシス(生体内の恒常性)を司る神経です。自律神経には、ストレスに曝されている時によく働く交感神経と、リラックスしている時によく働く副交感神経とがあります。

交感神経は、血圧の上昇、脳の覚醒、筋肉の緊張、消化吸収の停止の方向へと導き、からだを活動に適した状態にします。

副交感神経は、血圧の降下、脳の休息、筋肉の弛緩、消化吸収の増進の方向へと導き、からだを休息に適した状態にします。

二つの神経が適度にバランスよく働いているとき我々は健康でいられます。すべての病気は、自律神経のバランスに異常が起きて発症しています。

ストレスの多い現代社会では、圧倒的に交感神経の働きが過多となり、からだは慢性的な興奮状態に陥っています。このような状態が続くと、血圧の上昇⇒高血圧、脳の覚醒⇒不眠、筋肉の緊張⇒肩こり、頭痛、腰痛、消化吸収の停止⇒胃もたれ、便秘、消化不良などの症状としてからだにあらわれます。そして、交感神経のはたらきが亢進すると、その拮抗関係にある副交感神経が十分にはたらけず、からだは休息することができずに慢性的な疲労状態へと陥っていきます。

鍼灸治療は自律神経の調整に優れた効果を発揮

鍼も灸も、あるいはマッサージも、これらは生体に物理的な刺激を与え、良好な反応を導き出そうとする物理療法です。

物理療法の長所は、生体への操作性が低いところにあります。

外部からの物理刺激に反応するのは、あくまで患者さん自身のからだが持っている調整能力です。いわゆる自然治癒力と呼ばれるものですね。施術者が意志的に患者さんのからだの生体反応を操作しているわけではありません。(多少あるかもしれませんが、あったとしてもごくわずかです。)つまり、刺激による反応の方向性は、患者さんのからだに委ねられています。

例えば、誰でも知っている足三里というツボは、下痢にも便秘にも有効です。これは、機能亢進でも機能低下でも、どちらでも双方向性に作用するということです。

ツボに鍼を打ってしまえば、あとは患者さんのからだが勝手にいいように反応してくれるのです。この反応は、患者さんの自律神経調整機能によるものです。

施術者は、患者さんの自律神経に、さあいいように反応しなさいよと適当に刺激するだけです。(実際は、この適当な刺激というのが難しいのですが、そこが施術者の腕の見せ所。)つまり、患者さんの自律神経に訴えかけ、眠っている調整作用を引き出してあげるのがこの治療法です。

これに対して、薬物療法は、操作性の高い治療法です。薬物療法は、薬効成分の化学反応を期待して行われる治療法です。

化学反応は、化学式でも表わされるように常に一定の方向性を示します。患者さんの体力が著しく落ちている場合、あるいは病状が非常に重篤な場合、患者さん自身の自律神経の調整力には期待できません。このような時には、操作性の高い薬物療法によって、患者さんのからだを強制的に一定の方向(治癒の方向)に導かなければならないでしょう。

このあたりが、薬を用いて病気に対処するのか、あるいはもっとからだに負担の少ない穏やかな治療法で対処するのかの目安になるのではないでしょうか。

鍼灸治療は、うつ、自律神経失調症、線維筋痛症、慢性疲労症候群、膠原病、パーキンソン病、メニエル病など、現代医学でもなかなか対応の難しい疾患にも効果を発揮します。

ただし、これらの病気は、完治が難しいのも事実です。(現代医学で難しい病気は、東洋医学でも難しいのです。)そこで日常生活に支障が出ないようにコントロールしていくことが非常に重要です。

しかし薬に依存しすぎることは、誰でも不安だと思います。鍼灸は依存性もなく、副作用もほとんどない優れた治療法です。当院では、現代医学と東洋医学それぞれの長所をいかした鍼灸治療に取り組み、難病の患者さんに寄り添う治療をおこなっています。

Copyright 2013 Tamotsu Nakano(Honoshin Koza). All Rights Reserved.